flag

「早押し判定器 運営サービス」

早押しゲーム

運営サービス 確認事項

 

◆早押しゲームの、進行台本・問題作成上の注意点

 
クイズの出題や進行を考える前に、弊社の機材の特徴である「お手着き判定機能」と「リスタート機能」をご理解ください。
◎お手着きモード(A)ON:(間違えた人が一回だけお休みになるモード・ボタンが押せないのは直前の一人だけ)
◎お手着きモード(B)ON:(間違えた人はその問題で正解がでるまでお休みになるモード・ボタンが押せないのは複数人)
 ※全員が不正解となった場合、自動的にタイムアップとなります。)
◎リスタートモードON 解答が不正解だった場合は即座にシンキングタイム(チキチキ・・・)へ自動的に移行する機能。
  不正解の場合に司会者が答えを言って一問一答で終わるときは、リスタートモードは関係ありません。
  不正解の場合に解答者がボタンをバタバタと連続押し早押しゲームを行う場合に利用します。
  何度やっても正解がでない場合は不正解判定(ブー)を鳴らす前に、この機能をOFFにして対応します。

上記、お手着きモードとリスタートモードは組み合わせて利用できます。
 


 

◆運営サービスに関するお願い事項

 
問題作成と進行
◎4択などの問題を作成する場合は、選択肢を「A・BCD」分けでなく「1・2・3・4」分けにしてください。その理由は、「B」と「D」が聞き取りにくく判別が難しいためです。
◎映像を使って出題を行う場合、次の問題はこちら!と言って問題と選択肢を同時に出してしまうと、解答者は問題を読まずに、先にボタンを押して解答権を得ようとします。そこで、問題だけを先に出して司会者が読み上げ、その後に選択肢を表示するという「二段階表示」でこの問題は解決できます。
◎CUEワード(さて問題ですなど)を決めると、効果音のタイミングなども明確になり、メリハリが出てスムーズに進行できます。
◎判定のタイミング、司会者が正解です!と言ってからピンポン♪と鳴らす方法と、解答者の解答に対応して操作者が正解・不正解をジャッジしてピンポン♪と鳴らす方法があります。後者の方が進行にスピード感があります。
◎イントロ当てクイズ等、チキチキ音が不要な出題がある場合は、事前にお知らせください。

設営について
◎設営の環境
設営作業は音響や照明などと同時進行でも結構ですが、可能な限り明るい状態で行ってください(安全重視で)。
機材をステージ横に搬入してから作業して、養生を除く設営時間を30分程度みてください。
操作卓の位置
司会者の位置の後方や袖中(舞台の横側)で、舞台の様子が確認できる位置をを希望します。
操作卓位置がステージ上になる場合は、パテーション(間仕切り)など目隠しがあれば幸いです。
ステージが直接見えない位置で操作する場合は、全体が確認できる映像(モニター設置など※)をお願いします。(※方法は応相談)
ステージの転換に時間はありますか?
早押しゲームの前後に、設営や撤去作業の時間は十分にありますか?時間がない場合は作業のお手伝いをお願いします。
音が欲しい
司会の話が聞き取りにくい状況では、効果音を入れるなどの操作タイミングが分かりません。離れた操作卓位置へ、司会者や解答者の声を聞こえるようにしてください。(会場設備または音響業者による配線など)。小型のアンプ付きスピーカーは弊社で持ち込みます。

機器接続について
◎効果音の接続について
会場に備え付けの設備で接続します。マイクコードは数本持参します。
出力はキャノンコネクタ(モノラル)になります。
◎音モニターの接続について
弊社より持ち込む小型アンプ付きスピーカーへ会場側(音響業者)でケーブルの接続をお願いします。

物品のお願い
電源
操作卓位置に100Vコンセント1回路(実負荷は最大でも500W程度)をご用意ください。
◎机・椅子
操作卓位置に、長テーブル1本、イス2脚をご用意ください。
◎クリアカム
進行上必要であればクリカムをお願いします。

本番中のお願い
◎設営完了時のテスト
転換がある場合は、転換後、実際にボタンを押して動作確認の作業を行います。
◎正確なジャッジのために
「正解!不正解!」のジャッジに関して、本番中に問題作成者をつけてください。
◎お手伝い
「アクションハットの装着」や「転換」などにご協力ください。

そのほか
◎資料 事前に「出題する問題」と「台本」や「配置図」などの資料をお願いします。(必要な資料は打ち合わせの時に確認)
◎解答者用に専用のBOX席(台)を製作する場合は、早押しピンポンの「回転灯」が客席側から見えるようにしてください。
(例)
会場入りして機材搬入配置、操作卓机、解答台、電源など確認 
  → 音響チューニング前にPAさんと接続先の簡単な打ち合わせ 
  → チューニング中(明るい状態)で設営と音響接続の確認

早押し判定器の操作卓(卓位置)は解答者からの距離に配線上の制限があります。
各解答者の位置へは、操作卓から専用のケーブル(15m・30m)で、それぞれ接続します。
解答者10名の場合は、10本のケーブルを引きまわすことになります。 (1本の大きさは小指幅の灰色ケーブル)
解答者席への電源は不要です。
早押し卓から解答者までのケーブルは灰色、養生は一般的な黒ガム、または養生テープを利用します。
ケーブルマットは持ち込みませんので、必用な場合はお客様が手配をお願いします。
出入り導線などパンチカーペット(灰・黒)とガムテープ固定で良い場合は弊社で行います。

質問
・無線機(モトローラ)を持ち込みますが、問題は無いでしょうか?

・本番中の服装はスーツ着用でしょうか? 普通の黒っぽい服装で良いでしょうか?

・社内の資料作成のためのスナップ撮影は可能でしょうか?
撤収搬出ですが機材撤収後にすぐに搬出は可能でしょうか?スケジュール等ありましたらお知らせください。

車両移動の場合
車両の留め置き
搬入経路など詳細

機材を運送会社で運搬する場合
機材をヤマト便で発送したい。
イベント終了後の返却発送手配(ヤマト便)をお願いします。
機材はステージ近くで保管を希望しますが、他のエリアへ移動が必要な場合は台車をお貸しください。
運搬用の箱は黒のプラダンケースとなります。

 (例)標準型早押し判定器10人セット
   発送予定個数は6
   ヤマト運輸ヤマト便
   84cm×68cm×30cm  4個
   45cm×45cm×60cm  2

 
デザインシート 1枚 8,000円(税込) 
データ形式 イラストレータ CS6 納品希望日の14日前までにデータ入稿




運営サポートの費用は、「機材費」「予備機材費」「機材運送費(保険料含む)」「人件費」「移動交通費」「宿泊費」「雑費」の合計になります。
イベントの規模により料金は大きく変わります。設営から運営、撤去まで全てサポートする場合やレンタル補助的な役割  で対応する場合などがあります。日程を含めて詳細をご連絡いただけましたらお見積りさせていただきます。
 
(参考例)
★東京 懇親会(例)
標準型早押し判定器、機材はヤマト運輸で現地へ直送、スタッフ1名派遣   機材費、機材運送費、人件費、宿泊費(1泊2日)、人件費、移動交通費
解答者5人まで20万円から
解答者10人まで25万円から
※スタッフ1名でお伺いするため、設営や返却発送などの作業にご協力いただけることが条件となります。
 
★東京 イベント(例)
(A:2泊3日)合計金額:610,000円(税別)
(弊社の工程)
第一日目: 高知→ 羽田→ ビックサイト(12:00頃着) リハーサル→ 宿泊
第二日目: ビックサイト イベント初日→ 宿泊
第三日目: ビックサイト イベント最終日→ 撤去→ 羽田(18:00時台)→ 高知
 
オペレーター2名
人件費         : チーフ1名 105,000円、サブ1名 75,000円
移動交通費  :140,000円
宿泊費    :  40,000円
機材費    :180,000円
追加機材・雑費:  50,000円
運搬費    :  20,000円


(B:3泊4日)合計金額:670,000円(税別)
(弊社の工程)
第一日目: 高知発→ 羽田→ ビックサイト(11:00頃着) リハーサル→ 宿泊
第二日目: ビックサイト イベント初日→ 宿泊
第三日目: ビックサイト イベント最終日→ 撤去→ 宿泊
第四日目:     羽田→ 高知
 
オペレーター2名
人件費         : チーフ1名 125,000円、サブ1名 95,000円
移動交通費  :140,000円
宿泊費    :  60,000円
機材費    :180,000円
追加機材・雑費:  50,000円
運搬費    :  20,000円


〇機材レンタルの場合は、196,882円(税込)
 
※イベント最終日に、羽田発に搭乗できる場合は(A)、出来ない場合は(B)になります。
※機材はヤマト便を利用して会場へ発送しますが時間指定ができません機材の受取・返送の手配はお願いいたします
※イベントカーゴ便を利用すると受取・引渡しがスムーズになりますが【+50,000円】掛かります。
※派遣については、航空券・ホテルなど手配の関係から遅くとも〇〇までにお決めください。
精算に関しては、初回取引の場合は前金でお願いしております
※弊社はリハーサル当日に移動するのが基本ですが、午前リハーサルの場合は、前泊が必要となります。イベントの詳細を確認した後に、必要と判断した場合には、見積に反映してご提示いたします。予めご了承ください。
 

  説明書  ノウハウ  サービス  注文書

  説明書  運営ノウハウほか

pagetop